ご利用規約

RHS株式会社 約款

第1条(適用範囲)

本約款は、RHS株式会社(以下「乙」という。)が実施及び販売するサービスについて、お客様(以下「甲」という。)との間で必要となる申込み及びサービス利用に関する事項を定めるものであり、甲乙間で締結される個々のサービス利用契約(以下、単に「利用契約」という。)及び申込みに関する諸手続は、すべて本約款の適用を受けるものとします。
2 本約款に定めのない事項については、法令又は一般の慣習によります。
3 乙が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、当該特約が優先するものとします。

第2条(法令等の遵守)

乙は、日本国の法令を遵守し、本約款及び利用契約に従い、誠実にサービス業務を甲に対して提供するものとします。

第3条(利用契約の申込み)

甲が、乙に利用契約の申込みをしようとする場合は、次の事項を申し出ていただきます。
(1)利用者氏名、住所、連絡先の電話番号
(2)利用日、利用時間、利用者数
(3)利用サービス内容
(4)その他乙が必要と認める事項

第4条(利用契約の成立)

利用契約は、乙が前条の申込みを受け、所定の契約書に甲乙双方が署名・押印したときに成立するものとします。但し、利用契約書には、次の各号に掲げる事項を定めるものとします。
(1)利用日
(2)利用者氏名・利用者数
(3)利用サービス内容・利用料金
(4)単価・代金額
(5)数量
(6)納期・納入場所・納入方法
(7)支払期日・支払方法
(8)梱包方法
(9)その他、細部約定事項

2 前項の規定により利用契約が成立したときは、乙が定める前受金を、乙が指定する日までにお支払いいただきます。

3 前受金は、まず利用契約書記載の利用料金に充当し、第6条2項及び3項並びに第19条の規定を適用する事態が生じたときは、第6条2項及び3項に基づく違約金に次いで第19条に基づく損害賠償金の順に充当し、残額のある場合は、乙は速やかに甲に返還いたします。

4 乙が、第2項の前受金の支払いを事前に甲に対して告知して求めたにもかかわらず、乙が指定した日までにお支払いいただけない場合は、利用契約はその効力を失うものとします。

5 乙が、第2項の規定による前受金のお支払いを求めなかった場合及び当該前受金の支払期日を指定しなかった場合は、前受金の支払いを要しない特約が成立したものとみなします。

第5条(利用契約締結の拒否)

乙は、次の各号に掲げる場合においては、利用契約の締結に応じないことがあります。
(1)利用契約の申込みが、本約款によらないとき
(2)甲が、サービス利用に関し、本約款、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき
(3)地震、津波等の天変地異、車両の故障等、止むを得ない事情により、サービスを提供することが困難と認められるとき
(4)甲が、利用契約申込みの際の申出事項を偽ったとき
(5)その他乙が特に必要があると判断したとき

第6条(甲の解除権)

甲は、次の各号に掲げる場合においては、直ちに利用契約の全部又は一部を解除することができます。
(1)乙が、本約款あるいは利用契約の条項に違反したとき
(2)乙が、銀行取引停止処分を受けたとき
(3)乙が、第三者から強制執行を受けたとき
(4)乙が、破産・民事再生又は会社更生等の申立てがあったとき
(5)地震、津波、その他の天変地異等、不可抗力に起因する事由のとき

2 甲の責めに帰すべき事由によって、甲が一方的に利用契約の全部又は一部を解除した場合においては、違約金を別表第1に掲げる違約金の範囲において申し受けます。
3 乙は、甲がサービス利用当日において、連絡なくして指定時刻を30分経過しても待合せ場所等に到着しない場合には、当該利用契約は解除されたものとみなし処理することがあります。

第7条(乙の解除権)

乙は、次の各号に掲げる場合においては、利用契約の全部又は一部を解除することができます。
(1)甲が、本約款あるいは利用契約の条項に違反したとき
(2)甲が、サービス利用に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき又は同行為をしたと認められるとき
(3)甲が、サービス利用中に他のお客らに対し、著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき
(4)甲が、サービス利用中に乙の従業員らに対し、不当な要求又は合理的な範囲を超える負担を求めたとき
(5)地震、津波、その他の天変地異等、不可抗力に起因する事由のとき

2 乙は、次の各号に掲げる場合においては、利用契約を解除いたします。
(1)甲が、暴力団員、暴力団等、暴力関係団体その他反社会的勢力の関係者のとき
(2)甲が、暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他団体の関係者のとき

3 乙が前各項の規定に基づいて利用契約を解除したときは、既にサービス提供したものも含めサービス利用料金については一切頂かないものとし、事前にお受けした前受金については、速やかに全額返還いたします。

第8条(不可抗力)

天変地異その他甲乙双方の責めに帰すべからざる事由により、利用契約の全部又は一部の履行の遅延又は不能が生じたときは、当該部分について甲及び乙はともにその責任を負わないものとします。

第9条(サービス内容等)

乙は、利用契約締結後、当該利用契約の内容に基づき次の各号に掲げるサービスの全部又は一部を甲に提供いたします。
(1)出発地からロケーション地までのリムジンによる移動(リムジンをご希望の場合)
(2)ロケーション地における写真撮影
(3)ロケーション地におけるビデオ撮影
(4)ロケーション地におけるイベント、パーティー等の企画、演出
(5)ロケーション地におけるプレゼント、花束、グッズ等の提供
(6)撮影写真・ビデオの編集及び加工(ラッピングの上、お渡し)
(7)その他メッセージカード及びビデオメッセージ等の製作・編集

2 前項1号のサービスについては、あくまで同項2号~7号までのサービスを提供するための前提にすぎないものであり、これを無償とします。また、乙は、前項1号のサービスのみを甲に提供することはできません。

3 前2項に関して、甲がリムジンによる移動を特に希望しない場合等、甲のマイカー等によるロケーション地への移動を妨げるものではありません。

4 1項の出発地及びロケーション地については、原則として乙があらかじめ定めた次の候補地から甲と協議のうえ決定し、利用契約書に記載するものとします。
(1)海峡ゆめタワー(2)はいからっと横丁(3)海響館(4)深坂自然の森
(5)火の山(6)老いの山公園(7)西山海水浴場(8)七曲りパーキング

5 乙は、甲が1項1号のサービスの利用を希望する場合には、当該サービスの提供前に予め移動ルート、走行距離、走行時間、交通量、交通網等を調査・確認するものとします。

6 乙は、万一の交通事故等に対処するために賠償責任保険(対人・対物賠償:無制限、人身障害保険:1名当たり2億円)に加入するものとします。

第10条(所有権の移転時期)

前条第1項のサービスにおける撮影写真・ビデオ等の製作物の所有権は、乙が甲に交付し又は郵送・配達等により甲に到達した時に、乙より甲に移転します。

第11条(品質保証)

乙は、甲に納入する製作物が定められた品質、性能を具備することを保証いたします。

2 乙が甲に納入した製作物に隠れたる瑕疵が発見されたときは、製作物の交付又は到達後6ヶ月以内に限り、乙は無償で製作物の修理、代品納入等の措置を講じるものとします。なお、甲は、製作物の交付又は到達後、遅滞なく、品質確認を行うものとします。

第12条(営業時間・受付対応時間)

乙の営業時間は、24時間営業とします(土日・祝日も同様です)。

2 受付対応時間については、メール・FAXによる場合、24時間対応といたします。お申込み・サービス利用相談等のお問合せは、原則として、ホームページ上のお問合せフォーム又はFAXによるものとさせていただきます。

第13条(利用料金等の支払)

甲が支払うべきサービス利用料金等の内訳及び算出方法は、別表第2に掲げるところによります。

2 前項の利用料金等の支払は、通貨又は乙が認めたクーポン券等これに代わる方法により、乙が請求した期日にお支払いいただきます。なお、支払方法等については、別途、利用契約書に定めるものとします。

3 前項の場合において、乙が第4条第2項に基づく前受金をいただいている場合には、当該前受金は利用料金に充当され、残額がある場合にはこれを精算させていただきます。

第14条(遅延損害金)

甲が、前条の支払期日を徒過した場合は、甲は乙に対し、残債務全額について、当該支払期日の翌日から完済に至るまで、法定利率の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第15条(乙の責任)

乙は、利用契約及びこれに関連する手続の履行に当たり又はそれらの不履行により、甲に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、乙の責めに帰すべからざる 事由によるときは、この限りではありません。

第16条(事故又は車両故障時の債務不履行による損害賠償責任)

乙に故意又は重大な過失がある場合を除き、事故又は車両の故障に基づくサービスの不履行により生じた甲に対する損害賠償責任については、利用契約書に記載したサービス利用料金を賠償額といたします。

2 前項の場合において、乙が第4条第2項に基づく前受金をいただいている場合には、速やかに、これを甲に全額返還するものとします。

第17条(手荷物等の管理)

乙は、甲の手荷物、携帯品及び貴重品等については、お預りいたしかねます。手荷物等は甲みずからの責任において管理していただくものとします。

第18条(駐車の責任)

乙の駐車場については、甲は、乙の許諾を得たうえ無料で自由に使用することができますが、乙は当該車両の責任管理までを負うものではありません。ただし、駐車場の管理にあたり乙の故意又は過失によって損害を与えたときは、損害賠償の責めに応じます。

第19条(甲の責任)

甲の故意又は過失によって乙が損害を被ったときは、甲は乙にその損害を賠償していただきます。特に、第9条第1項1号のサービスの利用を希望される場合には、車内に 火気、危険物、ペット等を持ち込んだり、車両を汚損、傷つけるおそれのある行為をしないように注意をお願いします。

第20条(個人情報の取り扱い)

個人情報とは、氏名、住所、年齢、電話番号、メールアドレス、勤務先等の情報で、このうちの1つ又は複数の組み合わせにより、お客様個人を特定することのできる情報を指します。

2 乙は、申込み及び利用契約書等にてご提供いただいた個人情報は、甲へのご連絡、第9条第1項各号のサービス利用の遂行(商品、製作物等の発送を含む)、イベント情報等の提供、アンケート等の依頼、今後のサービス向上のための統計データの算出及び分析、その他前記に関連する目的に使用いたします。

3 乙は、個人情報を、甲の同意なく前項の目的以外には使用いたしません。(但し、生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき等、法令に基づく場合を除きます)。また、前項の場合を除き、個人情報を、甲の同意なく第三者に提供することはいたしません(但し、法令に基づく場合を除きます)。

4 乙は、その取り扱う個人情報のリスクに応じて、漏えい、滅失又は毀損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要、かつ、適切な措置を講じるものとします。とりわけ、次に掲げる事項について注意いたします。
(1)個人情報を取得する際の作業責任者の明確化
(2)定められた手続による取得・入力の実施
(3)個人情報を利用・加工する際の作業責任者の明確化
(4)個人情報を利用・加工する際の手続の明確化
(5)個人情報の利用・加工業務を行う作業担当者による複写、複製、印刷、変更等の記録
(6)個人情報を保管・バックアップする際の作業責任者の明確化
(7)定められた手続による保管・バックアップの実施
(8)バックアップ実行の記録
(9)個人情報を記録した媒体を保管する場合の施錠管理
(10)個人情報を保管している機器、記録している媒体を廃棄する際の作業責任者の明確化
(11)個人情報を消去・廃棄する際の手続の明確化

5 乙は、個人情報の取り扱いに関して、甲からの苦情及び相談を受付け、適切・迅速な対応を行う手順を確立し、維持するものとします。

6 甲が、個人情報の利用目的の通知、個人情報の開示・訂正等(以下、総称して「訂正等」といいます)を希望される場合は、次項記載のお問合せ先までご連絡下さい。訂正等手続について説明させていただきます。訂正等に際しては、ご本人であることを確認する証明書等が必要となります。なお、手続上の実費を考慮して合理的に定めた額の範囲で手数料をお支払いいただく場合がございます。

7 乙においては、代表取締役社長が個人情報保護管理者を務めております。個人情報の取り扱いに関するご質問・ご意見、その他サービス利用に関するお問合せ等については、下記の連絡先にお寄せ下さい。

 RHS株式会社 受付対応係
  FAX 083-250-8865  eメール hayashi@rhs-presents.co.jp

第21条(協議事項)

本約款又は利用契約書に定めのない事項について疑義を生じたときは、甲及び乙は誠実に協議の上、協力して解決するものとします。

第22条(変更権)

乙が必要と判断した場合には、いつでも本約款を変更することができます。変更内容については、乙のホームページ上において公表します。

第23条(管轄)

万一、甲及び乙との間に訴訟が生じた場合、山口地方裁判所を第一審の専属管轄裁判 所といたします。

第24条(施行日)

本約款は、2016年6月1日より施行いたします。本約款を改定する場合には、乙のホームページ上で予告して改定するものとします。

2016年6月1日施行

 

別表第1

違約金(第6条2項、3項関係)

解除日 当日 前日 2日前 3日前 5日前 7日前 14日前
違約金比率 80% 70% 70% 70% 60% 50% 10%

注)1 %はサービス利用料金に対する違約金の比率です。
注)2 地震、津波、その他の天変地異等、不可抗力に起因する事由の場合には、違約金は発生いたしません。

別表第2

サービス利用料金の算出方法(第13条1項関係)

 

内   訳
支払総額

①基本サービス利用料(約款第9条1項2号・3号)
②写真・ビデオ編集・加工技術料
③プレゼント、花束、グッズ等利用料(約款第9条1項5号)
④イベント等利用料(約款第9条1項4号)
⑤オプション利用料(約款第9条1項7号)
⑥事務手数料
⑦梱包費用(約款第9条1項6号)
⑧郵送・配達費
⑨そのほかロケーション地における入場料
⑩消費税

15,000円
5,000円



12,000円
並製 3,000円
実費
実費
8%

注)1 約款第9条第4項に定める候補地の1つをロケーション地とし、出発地を同市内とした場合の平日の利用料金となります(土日・祝日は割増料金となります)。
注)2 利用料金は、サービス終了後、支払期日までに、遅滞なくお支払い願います。